FUTURE

image photo
(梅田界隈)

URBAN LIFE STAGE

都心の進化と真価が、ここに。

未来へと進化し続ける「大阪梅田」へ約1km圏。
大規模再開発が相次ぐ、
西日本最大級のターミナルシティが、
暮らしの可能性を大きく広げていきます。

「大阪梅田」の魅力を想いのままに。

ショッピング・カルチャー・ビジネスなど、
多彩な都市機能を網羅する「大阪梅田」。
その魅力を想いのままに愉しめる日々が、
ここから始まります。

阪神百貨店

阪急百貨店

JR大阪駅

LINKS UMEDA

グランフロント大阪

VALUE
FIRST

外観完成予想図

「大阪梅田」約1km圏に住まう、
という価値。

「大阪梅田」約1km圏に住まう、ということ。
それは、将来にわたり高い価値を保つ、と見込める資産
を手に入れるということ。
そのエビデンスについて、
客観的データを用いてご紹介します。

10年間、大阪北区
ラシュレ扇町公園だけが
駅徒歩1分・公園&商店街徒歩1分。

大阪市内において2011年以降に分譲された
新築分譲マンションは合計523件。
このうち「駅徒歩1分」の新築分譲マンションは53件、
そのうち「公園&商店街徒歩1分」の
新築分譲マンションは3件。
さらに、「大阪市内・駅徒歩1分・公園&商店街徒歩1分」の新築分譲マンションのうち、
「大阪北区」となると本件のみ。
まさに希少な価値ある物件といえます。

10年間の供給物件のうち
駅徒歩1分の供給は
わずか7.1%。

また、近畿圏で供給された新築分譲マンションを
最寄駅への徒歩時間別に集計すると、
「駅徒歩1分」物件は全体の約7%のみとなります。
これもまた、本件の希少性の高さを裏付けるデータです。

大阪市北区は人口増加数
NO.1

近年、大阪市北区は人口が増加傾向にあり、
2018〜2019年における増加数は市内第1位を記録。
「職住近接」のライフスタイルを
叶えられる都心であることが
支持を集めている要因だと考えられます。

大阪市地価ランキング
NO.2

地価については都心部全般が上昇傾向にありますが、
大阪市北区の基準地価は第2位を記録しています。
「うめきた」などの大規模再開発により、
さらに発展していくことに期待が寄せられています。

FUTURE
FIRST

image photo(梅田界隈)

夢見た都心の未来が、すぐそこに。


「ラシュレ扇町公園」のライフステージとなる
「大阪梅田」では、
現在、さまざまな再開発・
新インフラ整備が進行しています。
ますます華やかに、便利に、賑やかに、
進化していく未来が、ここから。

都市公園(完成予想イメージ)

FUTURE
FIRST

01

image photo

劇場・カフェ・病院等を
新たに創出する
大規模複合開発プロジェクトが、
「扇町」で進行中。

新たな文化・コミュニティの
創造・発信拠点を創出。

扇町公園の南側にある「もと扇町庁舎用地及びもと扇町庁舎南側用地」では、
病院・カフェ・劇場等で構成される新たな複合施設の開発プロジェクトが進行中。
新たな文化・コミュニティの創造・発信拠点として、
地域に新たな魅力と賑わいを創出することが目指されています。

  • image photo

  • image photo

  • image photo

  • image photo

  • image photo

FUTURE
FIRST

02

鳥瞰東(完成予想イメージ)

2027年についに開業する
「うめきた」が、
いつもの生活圏に。

イノベーティブな新都心が、いよいよ幕開けへ。

大阪都心の進化を牽引する「うめきた2期区域」が、
2024年にいよいよ先行まちびらき。
そして、2027年にはついに全体開業を迎えます。
オフィス・商業施設・公園等からなる
イノベーティブな新都心が、いつもの暮らしの舞台となります。

※ 大阪市ホームページより(うめきた2期区域まちづくり関連事業)

  • 鳥瞰東(完成予想イメージ)

  • 南街区・東棟 インフィニティプール(完成予想イメージ)

  • 北街区賃貸棟(完成予想イメージ)

  • 南街区・東棟 屋内プール(完成予想イメージ)

  • 南街区・東棟
    インフィニティプール(完成予想イメージ)

FUTURE
FIRST

03

キタとミナミと関空をつなぐ
新線「なにわ筋線」が
世界を広げる。

キタとミナミと関空が、軽やかにつながる。

「大阪駅」2023年開業予定
「なにわ筋線」2031年開業予定

南海本線「新今宮」駅と梅田エリアをつなぐ新路線
「なにわ筋線」が2031年に開業(※)
関西国際空港へのアクセス性が飛躍的に高まり、
日本全国はもちろん、
世界各国へとフィールドを
さらに広げます。

※ JR西日本のニュースリリース(2020年3月25日発表)より

  • 新線イメージ図

  • image photo

  • image photo

※掲載の眺望写真は現地付近より7階相当の高さから撮影(2021年10月撮影)したもので実際とは異なります。周辺の環境は変わる可能性があり、眺望は将来に渡って保証されるものではありません。
※掲載の周辺写真は2021年10月・11月撮影したものです。周辺の環境は変わる可能性があり、将来に渡って保証されるものではありません。